そもそもゲームにブロックチェーンは必要なの?

ど〜も

けだまんです(๑’ᴗ’๑)

仮想通貨全体に資金が入ってきて

株の損失がみるみる補填されてきていて

気分のいい朝を迎えました!www

今日は

ゲームにはブロックチェーンが必要なのか?について勉強しましたので

ご紹介いたします!

まずは
そもそもブロックチェーンとは?

そもそもブロックチェーンって何?

という疑問から解決していきましょう!

「ブロックチェーン」とは、ビットコインや多くの仮想通貨の中核となる「取引データ」技術のことを指します。

取引のデータ(履歴)のことを「トランザクション」と呼びます。

そして、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と言います。

このトランザクションの塊であるブロックが、一列に連なるように保存された状態が「ブロックチェーン」ということです。

画像参照先

ブロックチェーンは、中央管理者が存在せず、分散して管理されるのが特徴で

ビットコインを利用しているあらゆるユーザーのコンピューターに保存されています。

そのためシステム障害に強く、一度システムを構築すれば運営の管理がなくても運営が可能などの利点があります。

しかし、このトランザクションの塊であるブロックを作成するのが、とても大変なのです。

仮想通貨の代表格のビットコインを例にして説明すると

1つのトランザクションを作成するのに世界中のPCの力を使って約10分に1つの作成速度となっています。

なぜこんな大変な仕組みが生まれたかというと

ブロックチェーンに保存されているトランザクションの改ざんを防ぐためです。

この改ざんを防ぐ方法として採用されているのが

1つ前の情報を受け継いでブロックが作られている」というルールです。

過去のある時点ブロックに詰め込んだトランザクション(記録)を書き換えるためには

書き換えたブロック以降、全てのブロックも書き換えないと辻褄が合わなくなってしまう設定になっています!

ん?じゃー頑張って書き換えれば改ざんに成功するのでは?

と思った方もいると思います。

改ざんを事実上不可能にしているのが先ほど紹介した「ブロックを1つ追加するのがとても大変」という仕組みです。

世界中のPCが10分かけてやっていることを

いち個人または、いち集団がそれを上回るペースで行わない限り、新しいブロックの追加に追いつくことはできません。

これはトランザクションの処理が早くなった他の仮想通貨も同じことで、

ブロック生成速度を大幅に上回る速度で改ざんをしなければならず、そんなことを開発するメリットがないので

改ざんがおらないのです!v(。・ω・。)ィェィ♪

また、このトランザクションの中身を見ることができるため、さらに不正が起こりづらい設計になっています。

ブロックチェーン使ったアプリケーション
Dappsとは?

仮想通貨や今回紹介するブロックチェーンゲームは「Dapps(分散型アプリケーション)」と呼ばれていおり

様々な分野で活用されており、世界の技術を大きく進化させるキーワードになっています!

詳しくは、過去の記事を参照してしっかり押さえておいてくださいね!

今続々リリースされている
ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンゲームとは、どんなゲームなのか見ていきましょう!

上で紹介したブロックチェーン技術を使ったゲームのことで、続々リリースされています!

このブロックチェーンゲームの代表的なものとして

Cryptokitties」や「Etheremon」、日本のものだと「クリプ豚」なんかが有名ですね!

ブロックチェーンゲームが一躍世界の注目を集めたのは

Cryptokitties」で育てられる希少な子猫が

約10万ドル(日本円換算で約1130万円)以上の値で売れたことがありました!

まじかよ・・・1130万円Σ(゜Д゜ノ)ノ

世界にはとんでもないお金持ちがいますねwww

このCryptoKittiesは、Kitties(仔猫たち)とあるように、仔猫を育てるゲームです。

仮想通貨イーサリアムのプラットフォームを利用して作られたゲームで

ブロックチェーンゲームの中でも有数の出来高を誇るゲームに成長しています。

このゲームは基本的に、猫を購入して育て、交配して自分好みの猫を生みだしていくというシンプルな育成ゲームですが

交配によって生まれる仔猫は親の特性を受け継ぐことがあるのがポイントになっています。

そのため、親からの遺伝によって希少な仔猫を生み出すこともできるのです。

また、突然変異でさらに希少な子猫が誕生することもあるので

上記のような高額取引が発生するのです!(っ’ヮ’c)ウゥッヒョオアアァ

そして最近流行っているのが「Etheremon」ですね!

イーサリアム+ポケモン=イーサエモン

なので見た目もシステムもポケモンに似ていますwww

イケハヤ氏が参入していつことで知っている方もいるのではないでしょうか?

どんなことをするゲームかというと

疑似世界の中でイーサーモンスター(イーサエモン)を捕獲、育成し、戦闘させることが可能です。

こちらもCryptoKittiesのように育てたイーサエモンを売買することもできます。

高レベルのイーサエモンや、レアイーサエモンなど、付加価値が付いて高額取引され始めています!

そして「オープンシー(OpenSea)」というブロックチェーンゲームのアセット専用の取引所が

解説されるほど市場が広がっています!

21ETH =110万円だよ。。。売れるかはわからないけど

そのくらいの価格をつけるって…ゲームの世界の進化しましたねwww

ゲームの紹介最後はけだまんが個人的に注目している「CrypticConjure」です!

詳細は過去の記事を読んでいただきたいのですが

何が今までと違うかというと、育成ゲームが中心のブロックチェーンゲーム業界から「アクションRPG」が出たということ。

それだけではなく、ゲーム内の経済活動を積極的に推進する仕組み評議会システムで政治的な活動もできる

ところが今までのオンラインゲーム・ブロックチェーンゲームにはなかったところです!

運営さんとも懇意にしてもらっているので、どんどん最新情報を発信していくので目を離さないでくださいね!

今レアアイテムをエアドロップ中なのでこの機会に是非登録してみてください!

ゲーム内で重要なアイテムですし、ドロップ率も0.1%と低いので

ゲームがスタートすると0.05=0.2ETH前後でスタートし最終的には1ETH前後で取引されるアイテムになると思います!!

\( ‘ω’)/ウオオオオオアアアーーーーッ!

(*´Д`)ハァハァ

興奮しすぎて長くなるので、詳しくはこちら⇩

最新Dapps「Cryptic Conjure」をどこよりも詳しくご紹介!

2018.07.12

でも、ゲームに
ブロックチェーンって必要なの?

はい!

それでは今日の本題です!

「ゲームにブロックチェーン技術って必要なの?」です!

既存のゲームも普通に遊べるのに、なぜわざわざブロックチェーンを使うんだろう?と

疑問に思うには必然ですよね!\\\\(۶•̀ᴗ•́)۶////

では、なんでブロックチェーンを使うのか見ていきましょう!

けだまんが考えるメリットは⇩

  1. サーバーのダウンがない
  2. データが消えない
  3. ゲーム内の自由度が上がる
  4. 管理者がいなくてもいい
  5. プラットフォーム手数料が掛からない
  6. e-Sprotsの促進

です!

メリットだらけですね!www

サーバーダウンがない

新しくリリースされたスマホゲームやプレイ人数が多いなどゲームをするとサーバーがダウンしていて

思ったようにゲームが遊べなくてイライラしたことがありませんか?

ブロックチェーンゲームではそういったことが起こる事は少ないです!

なぜなら

中央管理機関がないために特定のサーバーにアクセスを集中することが無くなるからです。

つまり、ゲーム会社がサーバーを管理しているわけではないので、アクセスを集中してサーバーダウンする心配がないのです!

仮想通貨の代名詞のビットコインは一度もサーバーダウンをしたことがないんですって!

あんなに世界中で取引されてるのに、すごいですね!

データが消えない

最近ではゲームデータが消えることは少ないですが

スーパーファミコンの某勇者が冒険し、立ち寄った村の住民の家に不法侵入を繰り返すRPGで

デデデン…とデータが消えていたことはないですか?(決してアンチじゃないです!むしろ大好きwww)

他には、ゲーム機の本体が壊れた時やダウンロードゲーム等はデータが消えてしまう場合がまだまだあります!

しかし、ブロックチェーンのゲームは、仮に管理者がいなくなったとしても消えることはありません。

なぜならブロックチェーンゲームのデータは、ブロックチェーン上に保存させるためです。

特定のデータが消えたということは

連なっているトランザクションのチェーンが切れてしまったということなので、それだけで大事件です!

ブロックチェーンを導入することで、データが消えるをすることなく安心してゲームを遊ぶことができます!

ゲーム内の自由度が上がる

ブロックチェーン技術を使うことで、ゲーム内で入手したアイテムが自分の資産としてトークン化することができます。

ゲーム資産をトークン化することで、ゲーム内で自由に取引することができます。

他にも、トークン化することで他のゲームとの連携が容易になることが考えられます!

スマホゲームでもよくコラボ企画してますよね!

それが、ブロックチェーンゲームで資産トークンを使えば簡単な変換で他のゲームで使えるようにすることができるというんです!

例えば、イーサエモンのモンスターが、イーサタウンに出ることだって可能になるんです!すごいですね!

管理者がいなくてもいい

従来のゲームは、ゲーム作成会社が管理しています。

しかし、ブロックチェーンゲームは、ブロックチェーン上でゲームが稼働するので

極端な言い方をすれば、1度作ってしまえば勝手に運用してくれますし、サーバーダウンの心配もありません

また、ブロックチェーンでゲームのデータを個人が管理できるので、

運営側の影響で改変されたり、ハッキングされたりする心配がないため、個人にも非常に大きなメリットがあります!

プラットフォーム手数料が掛からない

アップルストアに開発したアプリを置く場合、ゲームアプリでの売上から、

アップルの徴収分としてユーザーごとに課金を開始した初年度が30%

課金開始2年目以降は15%も手数料としてアップルに支払うことになります。

この徴収分がブロックチェーンゲームで発表すればかかりません。

また、ゲームの資産トークンの売買にも手数料が掛からなくできるので

ゲームで頑張った分が開発者やプレイヤーも還元されやすくなるのです!

e-Sprotsの促進

e-Sprotsと仮想通貨は非常に親和性が高く、仮想通貨を賞金にした大会が数多く開催されています。

ブロックチェーンゲームであれば、ゲーム内での経済圏を築くことが容易で、現実のお金に換えることも容易にできます。

そのため、ゲームで生計を立てることも可能になるのです!

ブロックチェーンゲームが浸透してくれば「ゲームしてたって将来に何にも繋がらないでしょ!」と怒られることがなくなる日が来るかもしれませんね!

まとめ
ゲームにブロックチェーンは必要なのか?

ゲームのブロックチェーン利用は、現状のゲームの状況を大きく変える可能性を秘めています。

したがって、ゲームにブロックチェーンを利用することは、必要だと思いました!

ゲームの開発維持費を大幅に削減できるだけでなく、プレイヤーが安心安全にプレイできること、新しい経済圏の構築など

今までのゲームの概念を大きく換えることでしょう!

しかし、まだまだ発展途上の技術なので、今露呈していない問題があるかもしれないですし

法整備が追いついていないので、今後の法律改正によって日本での発展を妨げられてしまうかもしれません。

いずれにせよ、ブロックチェーンゲームは注目しておかなければならないテーマですね!

では

今日はここまで

コメントを残す