国産仮想通貨「ExcaliburCoin」をご紹介!

ど〜も

けだまんです(*^∀^)σ)^∀^)プニプニ

今日は、エクスカリバーコイン通称えくすこをご紹介したいと思います!

もう上場してるのに今更かよ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

ご、ごめんなさい…頑張りますので

最後までお付き合いよろしくお願いしますwww

国産仮想通貨
エクスカリバーコインとは?

「エクスカリバー」なんて男心をくすぐる良いネーミングセンスしてますよねwww

伝説の剣ですよ!

ゲーム好きには堪らないんじゃないかと思います!

何を目的に作られたかと言うと

「クリエイターとファンを繋げる」ことを目的としています。

円などの法定通貨だと支援したいと思っていても

少額だと逆に失礼かな?とか考えてしまい、支援へのハードルが高いと感じてしまい

なかなか直接的な支援に至らないケースが多々あるかと思います(´・_・`)

そこで「エクスカリバーコイン(以下えくすこ)」を介することで

これまでの法定通貨のやり取りにはない直接的な支援へ踏み出しやすくすることがえくすこの狙いの一つです!

また、面白い作品をユーザーが発掘できるシステムの開発も進めており

クリエイターとファンをマッチングする機会の提供場所も作られる予定ということでした!

クリエイターと接点を持つのは、ネットが発達して来た現代でもまだまだ改善の余地がある分野なので、

期待できますね!(*^-‘*)♡




基本情報
「エクスカリバーコイン」の性能

正式名称

ExcaliburCoin

通貨略称

EXC

公開日

2018/03/18

発行枚数

1兆枚(9350億枚をBurn予定?)

公式HP

こちら

公式Twitter

こちら

公式Discord

こちら

上場取引所

CoinExchange

Mercatox

特徴
「エクスカリバーコイン」の特徴とは?

先ほども書きましたが、「クリエイターとファンを繋げる」ことを目的としています。

どうやって繋げるかというと

現在公開されている情報だと、2つの方法を開発していると言うことでした!

①無料で使えるテキストチャット「RoundTable」

一つ目が6月30日にβ版が公開されたばかりのDappSNS「RoundTable」です

このDappSNS「RoundTable」で何ができるのかと言うと

  1. トークンホルダーのみで形成される情報交換コミュニティ
  2. ERC721技術を用いた転売不能なチケットの発行/販売
  3. イベント参加者限定のファンコミュニティ

と言う3つが主な機能です!(*´ω`*)

仮想通貨の技術を組み合わせた新しいSNSのようなので

今後の発展に期待しましょう!\( ‘ω’)/ウオオオオオアアアーーーーッ!




②マッチングプラットフォーム「Arthur」

作品投稿型のプラットフォーム8月にβ版公開予です。

名前の由来は

芸術を指す「Art」とアーサー王伝説(エクスカリバー)にちなんで命名しているそうです!

これまたゲーマー心と言いますか、男のロマン心をくすぐるネーミングセンス!素晴らしい!\\\\(۶•̀ᴗ•́)۶////

このマッチングプラットフォーム「Arthu」でできることは

  1. リアルタイム翻訳機能
  2. 投げ銭機能
  3. コラボ機能

と言うのが主な機能です!(*´ω`*)

他にもクリエイターのカテゴリー毎に作品の展示や販売、依頼の受発注を行えるようなので

クリエイターから直接気に入った作品を購入・依頼できるプラットフォームになるようです!

投げ銭機能は、仮想通貨を投げ銭として使用することで

ボーダーレスな支援2次創作者への投げ銭が1次創作者へと還元される

といった画期的な機能の実現を目材していると言うことでした。

これは、仮想通貨だからこそできる取り組みですね!

まとめ
「エクスカリバーコイン」とは?

クリエイターとファンをつなぐ画期的な活動を、仮想通貨という新しい技術を使って取り組んでいる最中です。

実現することができれば、今まで多くの弊害があった1次創作者と2次創作者が

win-winな関係を築く事ができるプラットフォームが完成します。

今後の活躍に期待しかありませんね!

公式Discordでは、「えくすこ」らしい企画として色々な創作イベントを開催していますので

一度のぞいて見てはいかがでしょうか!

 

では

今日はここまで

─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ







コメントを残す